Shiga de Boardgame

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27回ゲーム会レポート

2014/08/27 Wed

『第27回ゲーム会』 レポート

日時:2014年8月23日(土) 9:30~21:30
場所:草津まちづくりセンター 3階 301大広間


もう定型文のような書き出しですが、前日までの雨の予報もどこへやら、厚い夏雲から
眩しい日差しも降り注ぐボードゲーム日和な一日となりました。そんな中、滋賀を中心に
たくさんの方にお越しいただき、当日キャンセルも数名いらしゃったものの最終的には

男性32名、女性4名 計36名 の方々にお越し頂きました。初参加の方は5名でした。
参加いただいた皆さん、そして晴れ女&晴れ男の皆さん、ありがとうございました!

DSC01012.jpg

なお今回は参加者数が多いこともあり「ファミリーゲーム」 をテーマにさせていただいた
ところ一部例外の方(Tモリさん?C杭クン?)を除きテーマに則した種々多様なタイトル
を持込みいただきました。参加者の皆さん、いつもありがとうございます!

という訳で、遊ばれた作品も多岐に渡るため、大増量でゲーム会の様子をお伝えしたい
と思います。当日の盛り上がりそしてカオスな雰囲気が少しでも伝われば幸いですw



●くるりんパニック(改造版)
DSC02768.jpg DSC02769.jpg
もう序盤からテーマ枠のゲームが大活躍です!正直これはもう「ボードゲーム」では
なく「おもちゃ」の範疇かもしれません。ただ一度遊んでみれば分かるこの高揚感。
もう定義付けなど関係ありません。楽しいは正義ですし綺麗なお姉さんも大好きです。

●ブタミントン
DSC02771.jpg DSC02770.jpg
このタイトルに到ってはもう「おもちゃ」どころか「スポーツ」ですらあります。
揚力を鑑みた航空力学的な戦略も可能ではありますが、これはスポーツです。コブタ
の鳴き声に合わせ有酸素運動を行うことで脂肪が燃焼し理想の体型が得られるのです。

●アメリカンバトルドーム
DSC02766.jpg
ここまで来るともう「おもちゃ」どころか「家電」の佇まいすら感じさせます。
構造上、ピンボール的な遊び方が可能な気はしますが、床に置き電源を入れることで
何かしらのセンサーが作動し床を綺麗にしてくれそうな雰囲気も漂わせる良家電です。



●アグリコラ(Agricola)

「ファミリーゲーム?じゃあれだよね、アグリコラのワーカーは家族だからある
意味ファミリーゲームだよね?」そんなドヤ顔の方がおられるであろうことは
容易に想像できました。その想定内の言動を取られた4名の方がこちらです。

●ババンク(Vabanque)
DSC02771.jpg DSC02770.jpg
このテンションは続かないのでそろそろ真面目にゲームの話をしようかと思います。
時折オークションでも高値が付けられていますね。私もプレイ経験がありますが、
見た目の地味さに反しアツい競り合いが楽しめる良作です。箱絵のインパクトも大!

●ケベック(Quebec)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
どこから火がついたのかは不明ですがこの日の数日前にツイッター上で話題沸騰だった
『ケベック』です。実際にプレイしてまず最初に思うことは「テーマがケベックである
必然性のなさ」ですがパズル的な先読み要素もありシステムは非常に新鮮に感じました。



●地獄の釜(Auf Teufel Komm Raus)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
あのテンデーズゲームズのタナカマさんが「私的10点満点ゲーム」にもあげられている
重厚なチップが心地良いチキンレース風ゲームです。リセットのタイミング、そして得点
トラックの「曖昧さ」がむしろ計算的かつ革新的でもあり衝撃を受けた作品でもあります。

●ベガス拡張入り(Vegas)
DSC02766.jpg
テーマ無視を至上命題としていたTモリさんの固い意志に揺らぎが生じた持込みがこちら。
結果的には7名という多人数でファミリー的に大変盛上がっていました。Tモリさんは
ゲーマーとしての何かを失われましたがもっと大事なものを手に入れられた気がします。

●クラウド9(Cloud 9)
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
前回参加されていた方が「是非機会があれば遊んでみたい」と仰られていたのでテーマ
会に託けて持込みさせて頂きました。「みんな俺を信じろ」、「貴方についていきます」
そんな「信頼の言葉」と「伴わない行動」との対比が滑稽で笑いを誘う楽しいゲームです。



●アウグストゥス(Augustus)
DSC02819.jpg DSC02817.jpg
ゲーマーズゲームを愛するギャラクシ夫さんがきっと今回のテーマを踏まえ持ち込んで
くれたであろう『アウグストゥス』です。家のPCのハード容量を圧迫する定例のネット
ランナープレイ画像は今回も不使用ですが、こちらはありがたく使わせていただきます。

●バトルシープ(Voll Schaf)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
一見すると『オイそれは俺の魚だぜ』に通ずる「見た目はゆるふわだけれど実際はガチな
アブストラクトゲーム」臭がプンプンしますが実際はどうなんでしょう?確か今年のドイツ
年間ゲーム大賞の推薦リストにも選ばれていましたし懐が深そうなゲームではありますね!

●キングオブトーキョー(King of Tokyo)
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
放課後さいころ倶楽部の最新巻にも登場した全世界の男子の95%は心躍っているであろう
男子キラーなタイトルです。上記の作中でも取り上げられていましたがこのゲームはやはり
拡張カードありきだと思います。中道先生さすがゲーマー!と小躍りしながら読んでましたw



●ハムスター大相撲(Sumo Ham Slam)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
パズルストライク、ウッティクロノス、そしてこのハムスター大相撲。今やトリックプレイ
店長のSeekerさんの目は常に一歩も二歩も先を行っていました。私がこのゲームを初めて
遊んだのは3年も前の話です。時代がSeekerさんにようやく追いついた感すらありますね。

●トローデルおばさんの雑貨屋(Tante Trudels Trodel)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
邦題はえらく冗長なタイトルですが、原題の独語は韻を踏んでいてゴキゲンな感じです。
それはさておき「ファミリーゲームと言えばGさん!」という期待を全く裏切ることなく
この日のGさんは大活躍でした。こちらもそんなGさん持込みの逸品です。Special Tante!

●カステリーナの宝物(Der Schatz von Castellina)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
邦題を見た瞬間、シヴィライゼーション4でのエカテリーナプレイが頭を過ぎったのは
私だけではないと思いますが本作はMさん持込みのファミリーチューンなタイトルです。
こちらは是非大人向けに「拡張:動いている何か」を出していただきたい作品ですね!



●アラカルト(A la carte)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
ボードゲームを始めた頃、大阪のオープン会で遊ばせて頂き、その持ち主の方が実際に
ホテルで使用される調理用具や帽子を用意されていたことで「ボードゲームの楽しみ方」
の多様性を知った思い出の作品でもあります。今回のテーマにもベストフィットでした!

●アルカディアの建設(Die Baumeister von Arkadia)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
以前Tさん宅にお邪魔した際、カルカソンヌプロのY氏が異常なまでの食い付きを見せ
Tさんが本会に持参せざるを得なくなった『アルカディア』です。実際のプレイの様子
は未見ですが、スタンディングでボードを凝視するYプロの姿が熱戦を物語っています。

●マンハッタン(Mahattan)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
久しぶりの参加、そしてこのゲームが初インストとなるHさん持参の定番タイトルです。
勝手な思い込みでガチっぽい印象もあった本作品ですがHさんのスムーズなインストも
ありサクサクと楽しむことが出来ました。これは是非また再戦させていただきたいです!



●ウボンゴ3D(Ubongo 3D)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
今回遠方より初参加いただきましたAさんの持込みです。大阪在住の頃にAさんとは
何度かご一緒しましたがほぼ『ウボンゴ』しか遊んだ記憶がありませんw 私の中では
Aさん=ウボンゴの人ですがこの日も期待を裏切らない「ウボンゴの人」ぶりでした。

●ウボンゴ(Ubongo)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
「このウボンゴはどなたの持込みですか?」という声の先にはウボンゴを抱えるAさん
の姿がありました。先の3Dとは面子も様変わりしていましたがAさんの姿は不変です。
プライバシー保護のために施しているこのボカシ処理も、もう全く意味がありませんw

●ウボンゴデュエル(Ubongo duel)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
会も終盤、また新たなウボンゴが遊ばれていました。テーマがファミリーゲームだけに
さすがに稼働率高いな~と思いつつテーブルに目を向けると、そこにはまたもやAさん
の姿が。もう完全に特定されましたよ!私は悪くありません。ウボンゴが悪いんです。



●センチネルズオブザマルチバース(Sentinels of the Multivers)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
気を取り直して、ここからはカードゲームの紹介です。こちらは私が直輸入し家庭を犠牲
にしつつ和訳化を進めているアメコミ協力ゲームです。正直処理が煩雑だったりもしますが、
多大なる労力をかけている作品ですので興味のある方は是非またお付き合い下さいm(_ _)m

●エリコ(Jericho)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
「エリコ、かわいいよ、エリコ」でお馴染みのギャラクシ夫さんプレゼンツによるトム・
レーマンのカードゲームです。皆でいろんな色の壁を作りホラ貝みたいなやつでそれを
吹き飛ばし合うという意味不明なテーマが素晴らしく個人的にはお気に入りの小品です。

●襲ノ色目
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
先のゲームマーケットでも和風のアートワークが目を惹き個人的に気になっていた桜遊庵
さんの新作です。こちらのサークルさんは『春夏冬中(あきないちゅう)』というゲーム
も制作されており国産ゲームならではのテーマ設定とイラストワークがとても素敵です。



●セブンスナイト
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
途中参加の方が来られた際、ちょうど私だけあぶれていたので、ここぞとばかりに2人用
のセブンスナイトを。アートワークも込みで個人的にはバトルラインよりも好みです。そして
2人用ゲームということで久々のブログ画像参加!撮って頂いた方ありがとうございました!

●コロレット記念版(Colorreto)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
「コロレットの意味、皆さんご存知ですか?」とドヤ顔でインストを始めたものの若干スベり
気味な展開が記憶に新しいコロレットです。恥ずかしいのでサラッと流しますが、コロレット
は色の「Color:カラー」に作者であるシャハトのシリーズ名「~レット」を繋げた造語です。

●グルーヴィー・ポップ(Groovy Pop)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
所謂「ヤッツィー系」のダイスゲームです。私も以前遊ばせていただきましたが、ルールを
聞いただけでは何が面白いのか全く分かりません。が、実際に遊んでみると何とも言えない
魅力があります。ダイス運はもちろんありますがドイツゲーマーな方にも意外とお勧めです。



●アフリカーナ(Africana)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
こちらは先に登場したミハエル・シャハト作になります。箱絵は既存作である『ヴァルドラ』
にそっくりで確かゲーム内容も遠からじだった気がします。シャハトの印象は「削ぎ落とされ
たソリッド感」ですが本作は緩いプレイも可能ということで是非体感してみたいと思います!

●カタンの開拓者たち・ 騎士と古城(Siedler von Catan-Staedte und Ritter)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
基本的に会で遊ばれたプレイ風景はすべて写真に収めていますが、プレイ回数が多く知名度の
高いゲームはブログへの使用頻度が減りがちです。カタンもその1つです。が、所有者のUさん
から「これはいつものと違いますよ!」と熱いコメントを頂いたので今回は使わせて頂きました!

●チャイナタウン(China Town)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
交渉ゲームと言えば『チャイナタウン』とも言われるまさに「交渉」が肝のタイトルです。
ゲームに関する知識がないので全く関係のない話をしますが、世界中に点在するチャイナ
タウン、国よりも街により大きく治安が異なります。旅行前には事前チェックをお忘れなく!



●忍者刀(Ninjato)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
手裏剣のコンポーネントが印象的な、でも実はしっかり遊べそうな高評価の作品です。
ゲームに関する知識がないので全く関係のない話をしますが、滋賀といえば甲賀忍者、
ただこの「甲賀」の読みは「こうか」です。甲賀忍者村に行かれる際にはご注意下さい。

●ドラスレ
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
前作『サルガッソーからの脱出』でも際立っていたフィギュアの完成度!そんなジャイ
アントホビーさんの新作です。剣と魔法の世界を舞台にドラゴンとの決戦に挑む協力
ゲームということでテーマも非常にキャッチー!これは是非遊ばせていただきたいです!

●ファーマラマ(Farmerama)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
近年だと『カヴェルナ』、『グラスロード』で知られるウヴェ・ローゼンベルクの2012
年の作品です。というより私はこのゲーム知りませんでした!前述の2作は明らかにゲー
マーを対象にしていますがこちらはビジュアル的にもファミリー向けの作品でしょうか?



●チョコラトル (Chocolatl)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
Mさんの噛み噛みなインスト(というより神々の名前が読みづらいのが主要因)が出オチ
でもあったチョコラトルです。とは言え、適度に考え所もあり短時間でダイス運に一喜一憂
できるプレイ感が非常に好みの作品でした。完璧なインストでの再戦を激しく所望します!

●枯山水(Karesansui)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
同名タイトルに東京ドイツゲーム大賞の『枯山水』がありますがこちらはなんとアメリカ発の
ゲームです。見た目は非常に地味ですが、なぜか遊ばれていた方々は大盛り上がりでした。
ゲームのテーマ、そして面子から恐らく「二次的な笑い」ではないかと邪推しておりますw

●クーデルムーデル(Kuddelmuddel)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
最後はGさん持込みの反射神経系タイトルです。「自分この手のゲームダメなんですよ」
そんなGさんの自虐的なフリから始まりましたが、終わってみればGさんの圧倒的勝利!
非紳士的プレイへの罰則として、Gさんを除く我々3人のみを写真に収めて頂きました!



ここでは紹介出来ませんでしたが他にも以下のゲームが遊ばれていました。

●モンスター画家
●5本のきゅうり
●詠み人知らず
●ネットランナー
●コンセプト
●ニムト
●ストリートファイターデックビルド
●モンキービジネス
●仮面の使者
●キャメルアップ
●ジャイプール
●サケの遡上
●テレストレーション
●プエルトリコ
●ミドルキングダム
●ゴッズギャンビット
●キャット&チョコレート
●ノミのサーカス
●もりやトリック
●ビブリオス
●イコールカード
●ベストフレンド
●キャプテンリノ
●ハリガリリング
●チーキーモンキー
●ラミーキューブ
●もじぴったん
●マイスター
●うそつき動物園
●Viva肉


★おまけ★

DSC01034.jpg
ボー研DEアラカルト

先の記事でも触れましたが3年半前ボードゲーム研究会にてアラカルトを遊ばせて
いただいた際のプレイ画像です。中央が持ち主の方、右側の白シャツが私、そして
なんと左側の男性は若かりし頃のまだクリックしてない頃のネットランナ夫さんです!
(画像はカワサキさんのレポート記事より借用させて頂きました。感謝です)



今回もたくさんの参加ありがとうございました。
特に記念回という訳ではありませんでしたが、大広間しか空きがない状況から意図せず
大部屋開催となってしまいました。が、テーマの「ファミリーゲーム」もたくさん持込み
いただき本当に楽しい一日を過ごすことが出来ました。重ね重ね感謝です。

昼下がりからの悪天候により、当初予定しておりました「納涼くさつ夏祭り」への参加
は断念せざるを得ませんでしたが、機会がありましたら皆さんと課外活動もしてみたい
と思っています。また気まぐれでお誘いしますが是非お付き合いください。

という訳で。
次回くさつ会は、もう秋の気配を感じているであろう9月20日(土)の開催となります。
特に目新しいイベントも企画もありませんが、いつも通り皆さんとゆるゆるボードゲーム
を楽しみたいと思います。次回もよろしくお願いします!

コメント

Secret

プロフィール

ヨシダ

Author:ヨシダ
ボドゲ歴は5年くらいです。
大阪から滋賀への転勤を機に
草津でゲーム会を始めました。
Twitter: yoshy_33

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。