Shiga de Boardgame

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回ゲーム会レポート

2013/08/13 Tue

『第15回ゲーム会』 レポート

日時:2013年8月11日(日) 9:30~21:30
場所:草津まちづくりセンター2階 202会議室


各所で記録的猛暑が続く今夏、この日も例外ではなく朝から強い日差しが照りつける
暑さの厳しい一日となりました。そんな中、嵩張るゲームや差入れを手にたくさんの
方にお越しいただきました。

当日所用のため欠席された方もいらっしゃいましたが最終的には
男性25名、女性4名、計29名もの方に参加いただきました。
なお初参加の方は6名でした。猛暑のなか皆さんありがとうございました!

DSC02771.jpg

なお今回のテーマ卓は「2人用ゲーム」でした。
一見したところ「昼食をとりながらのフリートーク卓」に押されていた感はありますが
この大義名分が後押しになったのかいつも以上に2人用ゲームが遊ばれていた印象です。
では「僕たちの私たちの夏2013」、ダイジェストでご覧ください!



●ピックス(PIX)
DSC02771.jpg DSC02770.jpg
8/23に神戸三宮でボードゲームスペース「トリックプレイ」をオープンされる
Seekerさんの持込みで、くさつ会では既に半年以上前から遊ばれていた作品です。
そんな先見の明をお持ちになるSeekerさんの新しいお店、今から待ち遠しいです!!

●ガントレットオブフールズ(Gauntlet of Fools)
DSC02768.jpg DSC02769.jpg
ゲームフィールドさんで発売以来ずっと気になってましたが今回念願の初プレイ。
実際遊んだ感想は「文句なしに名作!ただし人と面子に著しく依存する」という
ものでした。間抜けなヒーローの姿に一喜一憂できる方々には激しくお勧めです。

●チーキーモンキー(Cheeky Monkey)
DSC02766.jpg
私の中では「切開した背中から何かを摘出するホラーゲー」の位置付けですが
世間的には「カワイイ」と評判のライトゲームです。とは言えビジュアルの掴みは
やはり鉄板、この日初参加いただいた方々にも楽しんでいただけたようです(^^)



●マンションオブマッドネス(Mansions of Madness)
DSC02771.jpg DSC02770.jpg
くさつ会のTRPG・ゾンビマスターことKさん、そしてKさんとは義兄弟(非公式)
にあたるRさん主導で遊ばれていたクトゥルフテーマの名作です。先日『ディセント』
にハマった私も近々この辺りのTRPG風タイトルに挑戦したいと思っています。

●ダンシングドラゴン(Dancing Dragons)

私は見たことも聞いたこともないタイトルだったのですが、なんとこのレポート
作成中(8/12)にテンデイズゲームズ・タナカマ店長より「日本語版発売決定」
のツイートがありました!アートワークも素敵ですしこれは注目のタイトルですね~


●魔法にかかったみたい(Wie verhext! ) 
DSC02774.jpg DSC02780.jpg
女子高生っぽいファジーなタイトルですが通好みブランド・アレアから出されている
ガッチガチのドイツゲームです。個人的な話ですがボードゲームを始めた頃、なぜか
『あやつり人形』とタイトルが混同し、未だ判別があやふやなゲームでもあります。



ここから今回テーマの「2人専用ゲーム」の紹介が続きます!

●デイアンドナイト(Day and Night)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
以前出張の折にバネストさんで目にし、美麗なアートワークと非対称のシステムという
ことで長らく遊んでみたかった作品です。この日実際にプレイする機会に恵まれましたが
カード効果がピーキーで予想以上にアメゲーライクな仕上りでした。だがそれがイイ!

●アグリコラ:牧場の動物たち(Agricola: Mehr Stalle fur das liebe Vieh)
DSC02766.jpg
近頃最もホットな2人用ゲームがこの通称「フタリコラ」です。私も何度か遊びました
が本家アグリコラとは似て非なるもの、といった印象で遊ぶ面子、遊び方に合わせれば
ライトにさくさく楽しめる良作だと思います。建物の増える拡張も好評のようですね~

●クアルト(Quarto!)
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
一見アブストラクトな雰囲気ですが以前京都のカフェミープルさんで店長さんに
お勧めいただきゲーム初心者の妻と遊びましたが「これは楽しい!」と好評でした。
妻曰く「お酒を呑みながら"片手"で遊べる」のも魅力、とのことでした。確かに!



●バトルボール(Battleball Game The FUTURE of FOOTBALL)
DSC02766.jpg
まさに今回のテーマに乗っかった感満載の異色ゲームです。多面ダイスを振りつつ
ロボット達がアメフトをするという中2感どころか小2感溢れる快作です。私も傍から
観戦していましたが学校の休み時間にタイムスリップしたような錯覚に陥りました。

●セブンスナイト
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
「何これ?絵がかわいいんだけど!」という参加者の方の要望に応え、所有者である
私がご一緒しました。なお私が撮影すると相手の方お一人になってしまうので別の方
にお願いしプレイ風景を撮っていただきました。久々のレポート出演うれしいです(; ;)

●ドラゴンクエストダンジョンR
DSC02766.jpg
こちらは前回『川中島之決戦』でインパクト賞を受賞したRさんが連覇をかけて
持込まれたと類推される異色作です。ただこの日は運良く「あ!このゲーム遊び
たかったんです!」という方が奇跡的におられ終始ホクホクムードでした。



●クラウド9(Cloud 9)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
所謂チキンレース、戦略性でも計画性でもなく男気のみが試されるゲームです。
以前ごきポでそのチキンハートぶりを如何なく発揮したY氏が再起をかけて臨み
ましたが結果は断トツの最下位。同じチキンハーターとして心配でなりません。

●キャプテンリノ(Super Rhino! )
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
くさつ会の爆弾処理班ことG氏が稀に持込む爆弾ではない方のゲームです。
こちらもハートの強さが求められる作品ですがY氏に並ぶチキンぶり、更には
加齢による手先のバイブレーション効果も相まって私の惨敗に終わりました。

●イグルーポップ(Iglu Pop)
DSC02819.jpg DSC02817.jpg
イヌイットの住居「イグルー」を模した模型を振り、その中にいくつの球が
入っているかを聞き分けるコンポーネントも含め非常にZOCHらしい作品です。
聞き分けが肝のゲームだけに隣でパーティゲームなどは、ご法度ですw



●赤ずきんは眠らない
DSC02819.jpg DSC02817.jpg
かわいらしい絵柄とお手軽なプレイ感でこの日何度も遊ばれていたタイトルです。
私も何度かプレイ経験がありますが、ブラフ要素が多分にあり不得手な人も出てくる
システムですがアートワークの掴みもありゲーム初心者の方にも大変好評でした(^^)

●バーンレート(Burn Rate)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
初めて耳にしたタイトルでしたが調べると何とWikiがありました。概要としては
『ITサービス企業の経営者となって人件費を抑えつつ他社を倒産に追い込むカード
ゲーム』とのことです。我々サラリーマンには若干リアル過ぎるテーマですね(; ;)

●サンドウィッチ(Sandwich)
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
具材を集めサンドイッチを作り、他のプレイヤーにプレゼントするといった内容の
ゲームですが何と言っても「ナス」や「にんにく」、「イワシ」など具材のチョイス
が絶妙です。これはつい大喜利的に具材を自作したくなってしまうゲームです。



●バルバロッサ(Barbarossa)
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
パーティーゲームの定番として、最近では『テレストレーション』、『PIX』等が
人気ですが少し前まではこの『バルバロッサ』が代表作でした。ゲーム自体の
完成度はもちろんのこと、粘土に突き刺さる「矢」のシュールさがたまりません!

●スシゴー!(Sushi Go!)
DSC02819.jpg DSC02817.jpg
タイトル的に国産ゲームと思われがちですが『ダンジョンレイダース』と同じ
作者のオーストラリア産タイトルです。なのでゲーム中に発する「スシゴー!」
という台詞は若干オージー訛りを混じえ「すぅ~しぃごぅ」と捲るのが正解です。

●チューダーの薔薇(Noblemen)
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
原題を直訳すると単に「貴族」ですが邦題には何やらチーズっぽいタイトルが
付けられています。ただ背景は中世イングランド、ボードもドイツゲームっぽい
作りでカードものが多かったこの日のくさつ会では異彩を放っていました。



●タイワンスナックバー(小吃大胃王)
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
この日最大の10人プレーです。このゲーム、実はかなり面白くタイトルと
カード絵(好みはあると思います)で少し損をしている気がします。ですので
第一印象で敬遠されている方は是非遊んでみてください。盛り上がりますよ!

●まどマギオン
DSC02819.jpg DSC02817.jpg
私くらいの昭和世代ともなると「まどか」は「まどかマギカ」ではなく「きま
ぐれオレンジロード」です。「アバカス」と聞くと喫茶「アブカブ」が脳裏を
かすめます。あと余談ですがこんなに前のめりなYさんを見たのは初めてです。

●アウグストゥス(Augustus)
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
最後はドイツ年間ゲーム大賞の落選が記憶に新しい、でもHANABIよりたくさん
遊ばれている印象のアウグストゥスです。ボー研でも話してましたが大賞を逃した
いま「小箱版」での再販が待たれます。箱さえ小さければ本当にいいゲームです!



他にも以下のタイトルが遊ばれました。
●ワードバスケット
●ポルノスタープロジェクト
●HANABI
●サンマロ
●アンドロイド:ネットランナー
●ザ・ボス
●クメル
●ギャングスターパラダイス
●ラボカ
●ピッグ10
●ロストレガシー
●ラブレター
●ガーデンダイス
●ブクブク
●ギシンアンキノトウ
●ジャッカル
●テレストレーションズ
●多すぎる料理人
●ごいた
●争いのリンゴ
●ルーム25
●アップタウン
●レースフォーザギャラクシー
●アッティカ
●23
●12季節の魔法使い
●ギンコポリス
●にゃんでみっく
●ツイクスト


★おまけ★

DSC03170.jpg

Yさん待望の新作『ヨンマロ』!
以前にも『アレフガルド』、『ピンベーダ』など魅力的なコンテンツを自作され
くさつ会に寄贈いただいているYさんの続編です。元ネタはもちろん『サンマロ』!
今回も8ビット感満載の素晴らしい仕上りです。タイトルの捻りもいいですね。



今回もたくさんの参加ありがとうございました。
前回に続き、冷房効果を考慮しいつもの和室から広めの会議室に場所を移し
ての開催となりましたが快適に遊んでいただけましたでしょうか?

以前ブログにも書きましたが個人的に最も好みのゲーム会規模は12~15人で
多くても20人弱といったところです。
今回もそうでしたが、これ以上多いとご一緒出来ない方が必然的に出てきますし
サポートをお願いしてるとは言え、私自身目の行き届かない状況が起こり得ます。

とはいいつつ、実は今回のように定員を意図的に増やすこともあります。
定員が少ないとどうしても同じメンバーで固定される傾向に寄りますし、
参加を検討される方が身構えたりしないかな?といった懸念がありました。

その思いが伝わったのか、ここ数回で20名近い新規の方にお越し頂いています。
中には「定員が多いと紛れ込みやすいかな、と思いまして」という方がやはり
いらっしゃいましたw

という訳で、今後も20名の和室でのんびり過ごしたり、少し大きめの会場で新しい
仲間をまじえ交流をはかったり、とゲームプレイ同様気まぐれなスタンスでやって
いきたいと思います。ご理解いただき、変わらずご協力いただけると幸いです。

そんな他力本願のくさつゲーム会ですが今後ともよろしくお願いいたします!

コメント

Secret

プロフィール

ヨシダ

Author:ヨシダ
ボドゲ歴は5年くらいです。
大阪から滋賀への転勤を機に
草津でゲーム会を始めました。
Twitter: yoshy_33

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。