Shiga de Boardgame

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第30回記念ゲーム会レポート

2014/11/15 Sat

『第30回記念回ゲーム会』 レポート

日時:2014年11月9日(日) 9:30~21:30
場所:草津まちづくりセンター 3階309会議室


友達作りのためにひっそりと始めたくさつボードゲーム会も、早いもので30回
の記念回を迎えました。私自身イベント的なことが苦手なためこれまで特に記念
回らしいことは何一つありませんでしたが、今回は会話の流れから「ドレスコード」
を設けてみることにしました。

そんななか男性24名、女性5名 計29名 の紳士・淑女にお越しいただきました。
初参加の方は2名でした。参加頂いた皆さん、ありがとうございました!

なお今回のテーマは「多人数ゲーム」 ということで場内は終始盛り上がりを見せており
その光景は正装とも相まって、さながら結婚式の二次会の様相を呈していましたw

DSC01012.jpg

そんな飲んでもいないのに酩酊状態の、第30回くさつボードゲーム会のレポートです。



●ピッチカー(Pitch Car)
DSC02768.jpg DSC02769.jpg
我々くらいの大人ともなると朝一番からテンションをあげぽよすることなど造作もあり
ません。今回のテーマに相応しい「おはじきレースゲーム」です。その後もプレイされて
いたテーブルは「ピッチカー専用卓」となり紳士、淑女が終始あげぽよっておられました。

●インフェルノ(Inferno)
DSC02768.jpg DSC02769.jpg
Rockin'Jelly Bean氏のアートワークを彷彿とさせる官能的なカードデザインが印象的
な『インフェルノ』です。私も先日遊ぶ機会がありましたが積み重なった捨て札を受け
取る瞬間がたまらない楽しいゲームです。今後も定番化されるのではないでしょうか!

●エクストラ!(Extra!)
DSC02766.jpg
クウィックスと似たシステムのダイス目割り振り系ゲームです。持込みされたY女史は
「ダイスタワー目当てで購入したんですけどねウフフフフ」と不敵な笑みを浮かべられ
ていましたが、ゲーム自体も面白くちょっとした空き時間に楽しめる小品だと思います。



●オロンゴ (Orongo)

「ハンター達の朝は早いー」そんなウルルン調の台詞に導かれるように、エッセン
新作ハンター達の活動が始まります。まずは短時間で遊べるDr.クニツィアの新作
『Orongo』です。ハンター達の獲物を徐々に伺う警戒心が見て取れる選定ですね。

●エッセン・ザ・ゲーム(Essen the Game)
DSC02771.jpg DSC02770.jpg
そんなハンター同士が一堂に会し徐に始めたのがこのゲーマー向けタイトルです。
よく見るとエッセン帰りのMさんの姿も!「現地ではクレジットカードの契約内容と
鉄道のストには気をつけろ」そんなゲーマーズトークが交わされているのでしょうか。

●ゆかいなふくろ(Absacker)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
こちらは完全新作ではありませんが過去のリメイク作品が今秋リリースされ、これを
「ゆかいなさかな」さんが「メビウスゲームズ」さんと共同で日本語版化されたもの
とのことです。独々しい狩り場に一服の清涼剤とも言える癒しの空間が出来ていました。



●デウス(Deus)

エッセンの新作に対しなぜここまで敵対的なのか?それはこ・と・ご・と・く・遊べて
いないからです!キー!!という訳で、こちらも辛辣な態度を取らざるを得ないトロワと
同じ作者、メーカによる気になりすぎる作品です。早く遊びたいでうす(C)シミーズさん

●マッシリア(Massiria)
DSC02766.jpg
キックスターターでの資金持ち逃げ騒動からBGGでは不当な評価もあるエッセンの新作
です。同作者の代表作でもある『バヌアツ』同様「耐えがたきを耐え」なプレイ感との
こと。Mさんの「早まった」発言は気になりますがこちらも早く遊んでみたい作品ですね。

●ラ・イスラ(La Isra)
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
今回のエッセンではみんな大好きフェルトの新作が2点、重いフェルトが『アクアス
フィア』、そして軽いフェルトが本作になります。個人的に『トラヤヌス』は重すぎ
なので『ブルッヘ』、『ノートルダム』くらいの重さだといいな、と期待しています。



●クー拡張入り(Coup)
DSC02819.jpg DSC02817.jpg
そんな血に飢えたハンターたちを横目に、テーマに則ったタイトルを遊ばれる善良な
プレーヤーの方もたくさんいらっしゃいました。まずは拡張を入れての9人プレイで
盛上がった『クー』です。ブラフ要素もあるこのゲーム、Cさん!その仮面は反則です!


●カロム
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
滋賀県彦根市に永らく伝わる伝統的遊戯のカロム、くさつ会で遊ばれるのは二度目に
なります。兵庫生まれの私には新鮮なゲームですが滋賀ゲーマーの方々はやはりツワ
モノ揃いです。お忙しい中持込みいただいたHさん、ありがとうございました!

●タンブリンダイス(Tumbling Dice)
DSC02813.jpg DSC02814.jpg
"今回のエッセン遠征で衝動的に買っちゃいまして。で、カバンが一杯になったんで他の
欲しいゲームが買えなくって。え?希少価値?どうなんでしょう。日本でも普通に買える
んじゃないですかね~" MさんのMさんらしいツッコミどころ満載のコメントでしたw



●ピット(Pit)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
近頃日本語版もリリースされ新たなブームが生まれそうな多人数ゲームの定番です。
先ほどの『クー』ではブラフ対策にお面を頑なに装着していたCさんですが、発声しづら
かったのか、あるいは息苦しかったのか、素顔丸出しでガチンコプレーされていました。

●萌え札
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
くさつ会では珍しい萌えテーマのタイトルですが盛上がっていたのでブログに取り上げて
みました。何とこの日初参加でもあるTみゲーのJ王ことW女史の持込みです!旧知の仲
であるWさんですが、こんなゲームまで積まれているとは!もう涙で棚の奥が見えない!

●テストプレーはしていない(We Didn't Playtest This)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
同じく大阪時代からの知人であるY女史、Y女史と言えばくさつ会の裏定番であるこのタイ
トルです。画像では枠内に人が収まっていますがこの後さらに膨れ上がり、最終的には15名
を越すプレイ人数に。そして最後は勝利を目前にしつつY君の歴史的頓死で幕を閉じました。



●バナナマッチョ(Banana Matcho)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
一見して「Zoch」と分かるコンポーネントとアートワークが印象深い作品です。なお
先のCさんは呼吸が安定してきたのか再度仮面を装着されています。仮面のお陰でモザイク
処理が不要なのは助かります。次回記念回は仮面舞踏ゲーム会なんていかがでしょうか?

●タイニーエピックキングダム(Tiny Epic Kingdom)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
キックスターターにて購入し先日届いて以来けっこう頻繁に遊んでいるタイトルです。
キックは当たり外れもありますがこのゲーム何とBGGの一部門で大賞にも輝いている
人気の作品だったりします。しばらく持込みますので興味のある方は是非声かけ下さい~

●グラスロード(Grass Road)
DSC02824.jpg DSC02828.jpg
エッセン新作の陰に隠れ、すでに旧作感すら漂わせるローゼンベルクの『グラスロード』
です。テンデイズさんから日本語版のリリースも予定されていますね!私も一度遊ばせて
いただきましたがリプレイ欲求の高いミドル級の良作です。新作に埋もれるのは勿体無い!



●スモールワールド(Small World)
DSC02768.jpg DSC02769.jpg
ただ旧作とは言え名作はやはり遊ばれ続けるもの、新作に注目が集まる中、様々な名作も
遊ばれていました。まずは羊の皮を被った殴り合いゲームこと『スモールワールド』です!
Mっ気たっぷりのYさんが性癖丸出しで臨んだ本戦、気持ち良く叩いてもらえましたか?

●モダンアート(Modern Art)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
競りゲームの最高峰とも称されるDr.クニツィアの作品です。素敵リメイクで知られる
New Games Orderさんから日本語版が発売されたので早速購入、持込みしてみました。
テーマともシンクロした素晴らしいゲームです。今後も定期的に遊んでいきたいですね。

●ウボンゴ(Ubongo)
DSC02771.jpg DSC02770.jpg
くさつ会でウボンゴといえば以前参加されたAさんですが次回久々に参加されると
いうことでAさんへの牽制の意味も込めて今回のレポートに取り上げました。ゲーム
の良さについてはもはや語り尽くした感はありますが良い牽制になれば、と思います。



●ノートルダム(Notre Dame)
DSC02768.jpg DSC02769.jpg
今回2人目の大物初参加の方がこちら!ノートルダムに魅せられた男...しかし実は
温和な紳士であるDさんです。3年半ぶりの対戦を楽しみにしていたもののタイミング
が合わず。あの頃のボクとは違う、成長したペスト蔓延プレイを是非見て頂きたかった!

●イエローストーンパーク(Yellow Stone Park)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
先日Gさん宅クローズ会で「近年稀に見るバカゲー」の烙印を皆に押されたローゼンベルク
の旧作です。ただ色々情報を見るにカウンティング等の戦略性も備えたゲーマーズゲームの
側面もあるようです。ただやはりこの日のプレイ後のGさんの評価は「バカゲー」でしたw

●交易王(Handelsfuersten)
DSC02771.jpg DSC02770.jpg
こちらも『モダンアート』同様、しばらく入手難で高騰していたクニツィアの名作を
New Games Orderさんが日本語版としてリリースされました。私はすでに初版を所有
していましたが短時間で濃密な駆け引きが体感できる永らく楽しめる作品のひとつです。



●トーレス(Torres)
DSC02768.jpg DSC02769.jpg
ボードゲームを始めた頃からこの旧版のアートワークに惹かれ続け、当時すでに絶版で
あったことから日々オークションでの刻み入札をライフワークとしていたタイトルです。
この度ようやく安価で入手することが出来ました!得点コマが欠品していても気にしない!

●アミティス(Amyitis)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
個人的になぜか『シラ』というゲームといつも混同するタイトルです。なぜ混同してしまう
かというと、同じ「イスタリ」というパブリシャーの作品であること、そしてボックスアート
がどちらも官能的だからです。ちなみに 『シラ』の方 はギリ「アウト」だと思いますw

●ガイスター(Geister)
DSC02771.jpg DSC02770.jpg
ボードゲーム漫画『放課後さいころ倶楽部』のひとコマを髣髴とさせるガイスター
の対戦風景です。お二人とも京都在住、頑固な親父役がYカルカソンヌプロ、スマート
な紳士役がスーツ姿のYクンというキャスティングも作中の場面にシンクロしています。



●ラストレター(Last Letter)
DSC02768.jpg DSC02769.jpg
積Mゲーの女OことWさん持込みの「積まれていた感」たっぷりのタイトルです。
もちろん遊んだことも聞いたことすらありません!が、実際遊ばせていただいた
ところDixit的なシステムで結構好みのゲームでした。熟成された渋みがまた格別!

●ダイスビンゴ(Wurfel Bingo)
DSC02829.jpg DSC02831.jpg
GさんやY女史が所有されていそうなダイスゲームです。個人的にテーマ性重視のため、
このタイプのゲームはあまり所有していないのですが先のエクストラ!同様、実際に
遊ぶと好みのゲームであることも少なくありません。本作も是非遊んでみたいですね~

●ランブルインザハウス(Rumble in the House)
DSC02771.jpg DSC02770.jpg
最後はゆるふわなアートと佇まいの『ランブルインザハウス』です。この日はパーティ
よりの多人数ゲームが多く、ゲーム会終盤は皆さんお疲れだったのかこんな雰囲気で
のんびり遊ばれていました。ただゲームを遊び尽くした後の疲労感、心地良いですよね。



紹介出来ませんでしたが他にも以下のゲームが遊ばれていました。

●ジャイプール
●ラブレター
●6ニムト
●ブタミントン
●ウルトラマン・チームバトル大決戦
●パズルストライク
●ウボンゴ3D
●ラミーキューブ
●ジャングルスピード
●ディクシット
●タイワンスナックバー
●Rftg:AA
●ヒュペルポレア
●うさぎとかめ
●5本のきゅうり
●カルカソンヌ
●キングオブニューヨーク
●たほいや


★おまけ★

DSC02824.jpg DSC02824.jpg
お祝いの品をいただきました

Y女史からはお菓子を花束に見立てた手作りブーケを!そして今や草津バンドの
バンド友達でもあるOさんからは気の利いた地酒をいただきました!感謝です!!



という訳で、ドレスコード企画も一部に好評を得つつ、第30回記念回のくさつ
ボードゲーム会も無事終了しました。
設営、片付けを手伝っていただいた方々、差入れをいただいた方々、そして
参加いただいたすべての皆さん、この場を借りてありがとうございました!

もう何度も振り返っている気がしますが、ほぼ知り合いのみ、半クローズで
始めた本会も30回を迎えることが出来ました。
これも一重に参加いただいた皆さんのお陰ではありますが、自分自身の健康、
そしていつも快く送り出してくれる妻、そして無理な休日出勤を強いらない
会社と街づくりセンターの職員さんにもちょっぴり感謝したいと思いますw

今回は多人数ゲームテーマということでパーティ寄りのタイトルがたくさん
遊ばれましたが次回は対照的に「二人用ゲーム」がメインテーマとなります。
ツイート上ではギャラクシ夫さんの「ネットランナーへのフリ」と取られる
曲解もありましたが、普段なかなか遊ぶ機会のない少人数用のゲームをのんびり
まったりと楽しみましょう。

ちなみに「ネットランナー」への特定のフリはありませんが、一部の方に向けた
「アルルの丘、和訳の進捗はいかがですか」的なフリは大いにありますので心当たり
のあるYクンは先輩への恩義に報いるべく、日々の和訳作業に邁進してください!

そんな時には高圧的なくさつボードゲーム会ですが次回もよろしくお願い致します。

コメント

Secret

プロフィール

ヨシダ

Author:ヨシダ
ボドゲ歴は5年くらいです。
大阪から滋賀への転勤を機に
草津でゲーム会を始めました。
Twitter: yoshy_33

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。